色々する

ほんとにいろいろ

誰も知らないことを知りたい

みんなが既に知っていること、というものがどうしても好きになれない。

 

「みんな」の範囲は色々である。動画サイトで1000万回再生されていれば、同じ人が何回も見ている可能性を考慮しても数十万~数百万人がその動画について知っている計算になる。ニュースサイトで上位に来ている記事も同様だ。大人数が閲覧して、よく知られた事実になってしまったもの。それに対して拒否反応を示してしまうのである。だから再生数の少ない動画や、コメントの少ない記事を探し出そうとする。

 

要するに「俺だけが知っているんだ!」という特別感を味わいたいのである。みんな知っていることなんぞを知って何の意味があるというのか。その中には他人に新たな知識を披露してイキり倒したい、マウントをとりたいという下劣なオタク感情が含まれているのであろう。ああ浅ましや。

 

生まれてこの方20年以上この感情に悩まされ続けていたが、見方を変えればあっさり解決する話なのかもしれない。「みんなが知っている事実」なら、「自分はその人たちよりもより深く知っている」と自信を持って言えるほど知識を集めればいいのではないか。なかなかポジティブな解決策なのではないか?

 

だがそれでも葛藤は尽きない。知識を得たところで結局やることは優越感をえたいが故のマウント取りだからだ。そんなしょーもない動機のために知識を得たくない。もっと健全な気持ちで知識を増やしたいのだ……というまっとうな志がひしひしと湧き出てくるのである。さらにさらに、今自分しか知らないと思い込んでいる知識も、本当はみんなが(それこそ数十万から数百万人レベルの人が)知っている知識かもしれないのだ。残念ながらそれを確かめるのは困難を極める。(地球上の全人類に『これ知ってますかアンケート』をするわけにもいかないし)めんどくさいことを考えずに、まっさらな気持ちで知識収集ができる日は果たして来るんだろうか……

見えないものを見つけるということ 「アリの背中に乗った甲虫を探して‐未知の生物に憑かれた科学者たち」ロブ・ダン著・田中敦子訳

www.amazon.co.jp

「目に見えないものは存在しないのと同じ」という人がいる。目に見えないというのはすなわち認識できないということで、その原因は認識するだけの知識がなかったり、先入観にとらわれて見えるものも見えなかったりと様々だ。かつてテスト勉強の気力がなくなりほぼノー勉で臨んだ時も、試験問題が難解な暗号に見えたものだが、それもこの現象に近いのかもしれない。

 

さて、そんな目に見えないものに対して、「俺には見える」と主張する人がいたとする。たとえその人が正しかったとしても、周囲が理解してくれないことはよくある。奇特な目で見られたり、誹謗中傷を受けたり、トンデモ扱いされ笑われたり…。しかしその人の中では確固たる理論が成り立っているのだ。軽々しく捨てるわけにはいかない。協力者を集め、検証を続け、誰もが納得のいく理論へと昇華されたとき、今まで誰も見たことがなかった世界への扉が開く。今回はそんな話である。

身近な目に見えないもの

現在地球上には約870万種の生物がいると推定されていて(細菌などの微生物を除く)、そのうち発見されているのは約175万種だという。分厚い百科事典などは地球上の全生物が記載されているように思えるが、実際はそんなことはない。

f:id:rodrigues_solitaire:20170819172209j:plain

↑僕のバイブル、「地球博物学大図鑑」。真正細菌から哺乳動物に至るまで全てカラー写真で収録されているデラックスな百科事典であるが、それでも収録種数は5154種。

世界の生物を全種知っている!という人はまずいないだろう。それどころか自分のテーブルの周りを飛んでいるハエの種類を当てることでさえも、専門家やマニアでない限り至難の業である。本書でも語られている通り、自分の家の庭にどんな生き物が暮らしているのかも完全には知らないという人が多い。タイトルの「アリの背中に乗った甲虫」とは、グンタイアリに寄生するごく小さな甲虫たちの事である。ここまで小さくなると名前を知るどころか存在すら見逃されかねない。確かに存在するけれど知らないもの―それすなわち「目に見えないもの」である。これは生物学に限らず、どの学問にも存在するものだと思う。

未知への旅

本書に登場する研究者は、いずれもまだ目に見えない世界を求めて旅に出る。その世界は「常識の外の世界」と「既知世界の外の世界」の2種類があると僕は感じた。前者は誰もがあるはずがないと考えていた世界、後者は存在はわかっていたが十分な知識が共有されていなかった世界である。昆虫やタニシの微細構造(当時昆虫の体内には汚泥が詰まっていると考えられていた)を観察したスワンメルダム、高性能の顕微鏡で原生生物や細菌を雨水の中に見たレーウェンフックは前者に当たるだろう。後者には分類学の父リンネや全生物の目録を作ろうとしたジャンセンが名を連ねる。他にも細胞内共生説を提唱したマーギュリス古細菌を発見したウーズ、そして深海の熱水噴出孔や地球外の生物を探る研究者たち…。ユーモアたっぷりに語られる彼らの生きざまは、自分もどこかに旅立ちたい、そしてまだ見ぬものを発見したいという気持ちを芽生えさせてくれる。

俺には見える

「目に見えないものは存在しないのと同じ」と最初に書いた。先の科学者たちはこの目に見えないものが見えたわけだが、常識にとらわれない柔軟な考え方や、自分の理論を信じぬく勇気、そして十分な基礎知識を持っていたからだろう。持っている知識を足掛かりにして、たとえにわかには信じがたいことでも、一般常識と言えるような理論に押し上げることができた。そう考えると、目に見えないものと出会わせてくれるものは、結局は自分の周囲にある「目に見えるもの」なのかもしれない。「自分も知識をつければ、『俺には見える』と自信を持って言えるものに出会えるのだろうか…?」それより先に、学習を続けられるような根性を手に入れたいなァ…と思う夏の夜なのであった。

 

 

 

 

 

食って食われて進化する 「進化くん」 著:マラ・グランバム 訳:早川いくを

進化くん | マラ・グランバム, 早川いくを |本 | 通販 | Amazon

いやー、やっと読めました。早川いくを氏初の翻訳監訳本は以前出されてますが)、加えて一部のページはほぼ早川氏の書下ろしということで期待度MAXで購入させていただきました。そして期待通り、原作の雰囲気を失わないまま、早川氏の軽妙な文章が堪能できるというすばらしい出来になっておりました。(生物の学名や分類、専門的な解説が少なかったのが物足りなかったですが…)今回の記事では書籍の内容にとどまらず、訳者の早川氏についても詳細な記述を心掛けたいと思います。興味ないという方は3章目だけ飛ばしてお読みくださっても結構です。

酒乱の創造主

主要登場人物は二人。人智を超えた発想力恐ろしいまでの酒癖の悪さを併せ持つ進化の担い手「進化くん」と、基本的に冷静な現実主義者ですが進化くんのはたらきを暖かく見守る男「生物多様性くん」です。進化くんは、生態系の根幹を司る「炭素循環」の命により生物の姿かたちを様々に変えていくのですが、考え出すのは奇想天外な習性や奇妙な姿かたちばかり。時折パーティーでへべれけに酔っぱらい、そのたびに生物多様性くんの介抱を受けます。そして泥酔状態でも生物製作を続けるために、ますますへんてこな生物があふれかえることに…。このように業務態度はお世辞にも真面目とは言えませんが、いつでもマイペースに仕事をこなす進化くんと、突っ込みつつもそれを見守る生物多様性くん。今から38億年前、海と大気が生まれて地球に生物が暮らせるようになってからずっとこのやりとりを続けてきたと考えると、非常に微笑ましく思えてきます。男同士、生態系、38億年、何も起きないはずがなく…という感じで二人の関係は続いていきます。

なぜ進化は起きるのか

自然の法則には目的も意図も存在しませんし、もちろん進化もその例外ではありません。生物は遺伝子の多型によって一個体一個体ほんの少し異なる姿をしていますが、そのほんの少しの違いが偶然餌を取るときや外敵から身を守るとき、環境が大幅に変化したとき、はたまた繁殖をするときに有利に働くことがあります。するとその有利な形質を持った個体が子孫を残しやすくなり、形質が研ぎ澄まされていき、結果的にあたかも目的に適った姿をした生物が生まれるというわけです。目的があって進化をしたわけではないのですから、必ず不都合も生じます。例えば人間は元来安定的な栄養供給が難しい生活を送っていたため、長距離の移動に耐えられる体エネルギーを脂肪としてため込みやすい性質を手に入れました。しかしその先に待っていたのは定住化過度の栄養摂取でした。そうなると血糖値が下がりにくく脂肪のたまりやすい体は生活習慣病を発生させる母地になってしまいます。万能かと思えた進化の産物は時代が流れるにつれてその欠陥が露呈し、そのまま適応ができないと絶滅します。絶滅するまでに生物は、他者を押しのけ、自身が繁栄し、最終的には子孫を残す、というサイクルを繰り返し結果的に(人間の目には)奇妙に見える姿かたちへと変貌していきます。昔の人はこのプロセスをすっとばして、歴史上のある一点からいきなり地球上のすべての生物が現れたと説きました。現在では見られなくなった生物の化石が発見されると、今度は神の怒りで大洪水が起こったとか、大いなる存在が超常的な力で洗練されたシステムを作ったのだと言い始めました。では本作の進化くんもそのような神に近い存在なのでしょうか?そういうわけでもないようです。自身の創作意欲をぶつけるも、その結果完成したものは目の飛び出た魚たちや髭の生えたイノシシ、水に入れると溺れてしまうカエルなどの人間の常識で考えるとおかしな生物ばかり。帯にある通り進化くんは神様というよりむしろ、「常にうまくはいかない」進化そのものを擬人化した存在、いわば進化のフレンズであると言えます。

訳者・早川いくをとは

私が早川氏の本に初めて触れたのは小学三年生の時だったように思います。きっかけは毎日新聞に載っていた広告でした。そこに載っていたどう見てもゲームの敵キャラな見た目の「オオグチボヤ」のイラストに少年は度肝を抜かれました。その後早川氏の著書、早川氏の書かれたコラム、早川氏の出演される番組なども逐一チェックし、その小気味のいい文章や語り口には大いに腹筋を鍛えられました。それだけではなく、アニメや特撮、オカルトから民族学に至るまでの豊富な知識にも、多くの影響を受けて今日まで育ってまいりました。

今回取り上げた「進化くん」では訳書でありながら早川氏のテイストが多分に感じられる仕上がりになっています。生物同士が食って食われての残酷な運命を繰り返しながら生命をつないでいる描写には、過去作の「へんないきもの三千里」や「へんないきもの 変な生きざま」が思い出されました。取り上げられている生物にも今までの「へんないきもの」シリーズに登場したものが多数含まれているところを見ると、著者のマラ・グランバム氏と早川氏は「出会うべくして出会った」のではないかと勝手に想像してしまいます。

進化くんよどこへ行く

捕食者と被捕食者、過酷な環境などのニーズにこたえて数々の独創的な生物を考案してきた進化くん。大型動物の中でもっとも分布域が広く、周囲の自然にさえ多大な影響を及ぼし続けている人間でさえ彼の最高傑作ではありません。彼の目指すものは炭素循環の無茶な注文によって変わるでしょうし、これこそが最強の生きものだ!と自信をもって発表された生物も必ずどこかに欠陥があって、自然淘汰のあおりを受けて消滅していくでしょう。進化くんがニーズに合わせて奇想天外な生きものを作り、生物多様性くんがそれにツッコミを入れる無限ループは、むこう数十億年の間続いていくでしょう。未来の世界で、進化くんはどんなアイデアを出してくれるのでしょうか。個人的にはもう一度アルゼンチノサウルスやパラケラテリウム並みの大型陸上動物を誕生させてほしいところですが…高望みしすぎでしょうか?

 

外来種に対する我々の正しい対応とは?「外来種のウソ・ホントを科学する」 著:ケン・トムソン 訳:屋代通子

初投稿です。

 

外来種のウソ・ホントを科学する | ケン トムソン, Ken Thompson, 屋代 通子 |本 | 通販 | Amazon

外来種」という言葉にはほぼ確実にマイナスイメージが付きまとう。今月6日の毎日新聞の記事を例として見てみよう。
アライグマの農業被害が深刻化 2500万円損失 

mainichi.jp


香川県内ではアライグマによって深刻な農業被害が出ており、しかも近年急激に被害額が増加しているという。それに加え、狂犬病の媒介、夜間の騒音など人間に対する被害は測り知れない。これだけ見るとなんとけしからん動物なのだと思う方も多かろう。アライさんまたやってしまったねぇ 

 

WWFによると(外来生物問題|WWFジャパン)、外来種がもたらす害としては

①在来種を捕食する

②在来種と競合する

③在来種と交雑する

④新たな感染症を持ち込む 

といったものがある。それなら、外来種に対しては常に毅然とした対応をすべきで、その存在を許してはならないのだろうか。どうもそうではないらしい。

生態系や人間の環境に悪影響をもたらすのは外来種だけなのか?在来種はおとなしくしているだけの存在なのか?外来種による生態系への影響は正しく計測されているのか?
その疑問に切り込んだのが本書である。

「動く」生物

まず前提としておかれているのが、生物は長い時間の中で一か所に留まっていることはなく、常に新天地に向けて移動する可能性があるという事実だ。地球の気候がゆっくり変化するごとに、気温は上下し、海は消滅し、植生は入れ替わる。それらが生物に生息域を変えるチャンスを与える(言い換えれば変えざるを得ない状況に追い込む)わけだ。移動した生物がそこに取り残されてしまうこともある。また気候変動が起こると取り残された生物は大幅に数を減らすかもしれないが、偶然有利な形質を持っていたものは生き残る。このため生物の移動は進化のきっかけにもなっているといえる。話を元に戻すと、以前はこのように長いスパンで起こっていた生物移動が急速にスピードを上げているのだという。原因は無論、人間の活動である。

侵略的?外来種

移入種には園芸用の植物、ペットとして移送される動物など、意図的に移入される生物のほかにも、輸送船の積み荷に紛れてちゃっかりやってくる奴らがいる。そのまま自然界に入ると、大体の生物は定着できずに絶滅してしまうが、まれに生き残るものがいる。それこそが外来種なのだが、先述の通り在来種や人間に悪影響を与えることがある。しかし深刻な問題を発生させるのはその中のごく一部であり、多くの種が不当に差別を受けているとトムソンは論じる。

在来種を押しのけて幅広く繁栄しているように見える外来種でも、その土地の土壌を肥沃にさせたり、種子の運搬を助けたりといった、むしろ生態系に対してプラスになる働きをしていることもあるのだという。しかし完全とは言えないデータをもとに侵略的外来種と誤解され、積極的に駆除が行われることもあるのだとか。嘘のようだが決して珍しいケースではないらしい。

悪魔の爪

本文中にはオーストラリアに移入されたデヴィルズ・クロー(ツノゴマ科の植物)の例が挙げられている。この植物が生態系に大規模な影響を与えているという証拠はどこにもなかったのにも関わらず、多額の費用をかけて駆除政策が実行されている。こんなことが起こってしまった理由として、「悪魔の爪」という名前が恐ろしかったのかもしれないと筆者は書くが、あながち間違いではないのかもしれない。その他にも、ある生物の減少の原因と目されていたため駆除を行ったがまったくの濡れ衣だったとか、不十分な根拠から駆除を決定し、他所から新たに生物を移入してまで対策を行ったが、その移入した生物が新たな外来種となってしまった、といった事例が紹介されている。

よそ者バイアス

筆者は外来種は悪者で、在来種は善人」といった考え方によって今まで外来種対策が行われてきたが、そこには統計学的なデータがあまり考慮されておらず、結果として徒労に終わったり、むしろ状況を悪化させることもあったと論じる。在来種による漁業被害や農業被害も存在することを考えると、在来種が善人というのも一概には言えまい。筆者は先人への批判も交えながら、外来種に対してまことしやかにささやかれている「神話」を、各種論文を紐解きつつ次々と切り崩していく。

 データを武器に

外来種は分布域を大きく広げる、とは言っても、当然それは生息できる範囲内である。また多くの外来種は人間の居住地近くで繁栄するという。人間の活動とともに移動してきたのだからそれも当然と言えるだろう。外来種は自身の生態的地位に基づいて行動しているだけで、それがたまたま人間や生態系への害になっているだけとも言える。しかし沖縄のマングースやグアムのミナミオオガシラのように深刻な被害を出している外来種が存在することも事実であり、対策は必ず迫られることになる。その対策を考えるときに武器になるのが統計学的な解析なのであった。外来種が自然界でどう振舞っているのかをデータの見地から見ることで、効率的な駆除を後押し、無用な駆除を減らすことができる。人間が世界中で活動している以上外来種の発生は避けられないのだから、せめて人間の英知を利用し、どう付き合うかだけでも考えることが重要なのではないか?と、そう思わせる一冊だった。

さて、この本には世界各地の外来種事情が数多く登場する。それぞれの外来種がどんな経緯で渡ってきたかも詳しく説明されているので、一見の価値ありである。